2011年12月7日水曜日

Life is busy and going on and on



かの国にいる彼。

20年ぶりの再会を果たしてからというもの、
毎日の様に電話をし、
メールを書き、
週末はスカイプをして連絡をとっていたのに、
いつ遊びに行こうかとガイドブックを買い、
語学学習教材を買い、
格安チケットを調べ、
手ごろなホテルを選んでいたのに。。。

彼の勤務地が変更になり、週末の連絡が難しくなり、
電話も2回に1回は混線するといった状態で、
加えて、彼の仕事上、実際に私が遊びに行っても、恐らく会えないであろうことが分かり始め、
彼の出張先で落ち合うとの話も、
具体化する前に、ゲストで出席予定のカンファレンスがお流れになり、

それでも毎日SMSでハローメッセージのやり取りをしていたが、
ここのところ、そちらもひっそり。

最近どうしている?

冷たい雨がはじくセーヌを見やりながらSMSを送る。

Life is busy and going on and on.

昔から、長い手紙なんて滅多に書かず、それでいて、ぴしっと心を打つ一言を書く名手。
いや、彼が発した言葉だから、たとえそれがどんな長さであっても、大きな意味合いを私にもたらすのか。受け手である私が、深読みしようとするのか。

しかし、すきっと言い切っている、この潔い一文に、彼の今の状態、心境がしっかりと言い表されているではないか。人生の荒波に果敢に立ち向かっている彼だからこその言葉。

繋がったかに見えた彼との細い糸が、
消えかけていることに改めて呆然とする。

それでもLife is going on and on…

この言葉を抱きしめながら冷たい雨のパリを仕事のアポイント先まで足を速める。



 


にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村  クリックして応援して下さると嬉しいです。

皆様からのコメント待っています。

0 件のコメント: